子供の養育費の算定方法と離婚協議

子供の養育費の算定方法と離婚協議

電気めっきと無電解ニッケルメッキ

子供の養育費の算定方法と離婚協議

子供の養育費の算定方法と離婚協議

結婚をして子供が出来ると、今までは許せていた事も、イライラしてしまったり、許せなくなってしまったりすしますよね?離婚を考えた時、子供の養育費の暫定方法について考えると思います。子供の養育費未払いも多いので、泣き寝入りしない方法など、調べるべきだと思います。ではまず基本的な事ですが、養育費とは何でしょう?養育費とは、子供を育てていく為に必要になる全ての費用の事をいいます。この養育費は子供を引き取っていない方の親が、子供を引き取った親に支払うのが義務です。そして、養育費の金額は、各自の収入など、条件によっても異なりますが、おおよその目安としては、子供一人あたり、月3~5万円程度が一般的な養育費の金額になります。支払期間は通常は、子供が2成人になるまでです。しかし離婚後1年以内に約50%の方が養育費の支払いを辞めます。養育費の支払が約束どおり続いているのは全体の約20%と言われているので、離婚の際には約束を公正証書という形で残す事が大切です。養育費を取り決めていても、最期まで支払いをする人は本当に少ないです。調べに取ると、養育費をきちんと支払っているのは、全体の20%だと分かりました。養育費というのは、子供との生活を支える大切なお金なのです。法律上でも、養育費の支払いに関しては、特別の配慮がされています。養育費が支払われなくなった時は、給料の最大2分の1まで差押えが可能です。これは、慰謝料などの差押えを見ると、給料の最大4分の1までに限られていることから、養育費の差押えがとても優遇されていることが分かりますよね。また、養育費というものは、滞納分だけでなく、将来の分も含めて、全額を1度の手続きで差押えることができるのです。また、通常は債権に関して間接強制の手続きはとれないのですが、養育費は特別に間接強制の手続きが認められます。ですので、これは養育費を支払う余裕があるのに、元妻へ嫌がらせなどの意図があり、支払わない相手に対してはとても有効な制度だと思います。

比較検討不動産担保融資情報